• ホーム
  • アフターピル:アイピルの緊急避妊効果

アフターピル:アイピルの緊急避妊効果

アフターピルとは、緊急避妊薬とも言われ、主には妊娠を望んでいないにも関わらず、性交渉の時にコンドームを使用しなかった、性交渉時にコンドームが破れたなどの場合で、妊娠を望まない時に事後で服用する避妊薬です。
またレイプなどの事件性があり、避妊ができなかった場合にも緊急避難としてこうしたアフターピルが使用されます。
アフターピルの避妊率は約80%で、100%避妊できるわけではありません。

もちろん服用するタイミングも重要になります。
飲み方は性交渉から約72時間以内での服用となり、それ以上時間が経過してしまうと着床してしまい、避妊できなくなります。
アフターピルの作用は卵子を放出する排卵を一時的にストップすること、かつ受精卵の着床を防ぐことで妊娠を防ぐというものです。
つまり、着床してある程度時間が経ってしまうとその効果は得られません。
アフターピルは現在では自費診療としての適用になり、国民医療保険制度が適用できません。
クリニックでは全額実費負担となります。

緊急避妊薬として今主流なのはノルレボ錠という薬ですが、認可されているとはいえ、保険が適用できないとなるとその診療費も高くなってしまいます。
その為、費用の面から安価であるヤッペ法を用いるプラノバール錠もあります。
こちらは飲み方がノルレボ錠では1回であるに対し、複数回の服用と差が大きく、費用面から仕方のない選択肢とも言えますが、現在はあまり利用はされていません。
しかし、常日頃からパートナーが避妊してくれないなどの状況であれば費用もバカにはできません。

そうした時はLNG法を用いているジェネリック薬を個人輸入で入手しておくという方法もあります。
個人輸入というのは海外で生産され、流通しているジェネリック医薬品を個人で通販する方法です。
通常ジェネリック医薬品は、日本国内に流通するまでには、特許取得による流通への壁や、国内での安全審査などに時間を取られるために数年も必要になります。
しかし、あくまで通販であればこれらの垣根を越えて輸入ができます。
現在海外で流通している安価でかつ安全なアフターピルはアイピルという避妊薬です。
自己防衛のため、パートナーの為など踏まえ、ご検討されるのも一つの選択肢です。

アフターピル:アイピルは通販サイトで簡単に手に入る

アイピルは通販サイトを利用すれば簡単に購入することができます。
現在日本で処方されている最も一般的なアフターピルはノルレボですが、アイピルはノルレボのジェネリック医薬品であるため非常に避妊効果が高い上に安全性も高いことが特徴です。

アフターピルとして病院で処方されているものにはプラノバール錠もありますが、アイピルとは飲み方が異なっています。
ヤッペ法を用いることになるプラノバール錠では、複数回の薬剤の服用が必要です。
他方、アイピルは複数回の薬剤の服用が必要ではなく、LNG法を用いることになるため1回の服用で済み、薬剤を飲み忘れる心配がないというメリットがあります。
忙しい方でも2度にわたって服用する必要がないので安心です。

さらに、ジェネリック医薬品である分、費用負担が少なくて済むというメリットがあります。
アイピルは通販サイトでも販売されているため簡単に手に入れることができますし、何より、通販を利用すれば病院処方よりも安い値段で買うことができるので便利です。
通販サイトを活用して個人輸入する場合には、海外で生産され流通しているものを入手することになります。
日本の病院で処方してもらうよりも安く買うことができ、まとめ買いなどをすればさらにお得に購入することが可能です。
万が一のための常備薬として備えておくこともできます。

アイピルは緊急避難薬であるため、避妊に失敗してから72時間以内に服用することによって効果を発揮します。
72時間以内に服用すれば高い避妊効果が期待できますが、避妊に失敗したことに気づいてからできるだけ早く服用した方が避妊に成功する確率は高くなります。
そのため、アイピルはできるだけ早く服用することが大切です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧