• ホーム
  • トリキュラーで生理を遅らせる、早める方法

トリキュラーで生理を遅らせる、早める方法

低用量ピルのひとつ「トリキュラー」を上手く活用すると、生理の周期をコントロールすることができます。

生理予定日と旅行やテストなどのイベントの日にちが重なってほしくない場合、トリキュラーで生理日を上手にコントロールしてみましょう。

トリキュラーは、生理を早めることもできれば、遅らせることもできる、とても便利な医薬品です。

トリキュラーで生理を遅らせる方法

もし、生理を遅らせたいという場合には、どのような飲み方をすれば良いのでしょうか。遅らせる場合にはピルユーザーと、非ピルユーザーで服用方法が変わってきます。

トリキュラーは赤・白・黄色と錠剤のカラーが3色に分けられているのが特徴的です。3種類の錠剤は、含有されるホルモン量が異なります。目的に応じて使う色が選べるのです。

ピルユーザー

すでにピルを服用しているユーザーは、休薬期間の過ごし方が変わります。

21日目の錠剤を飲み終えた後でも休薬期間には入りません。すぐに新しいシートに移って、遅らせたい日数分だけ、黄色い錠剤の服用を続けましょう。

ピルユーザーが生理を遅らせるとき

黄色い錠剤を飲み終えてしまった後も、続けて生理を遅らせたい場合、次のシートの1錠目から飲みはじめます。

トリキュラーの服用をストップすると、止めてから1日から3日程度で、普段よりも経血量が少ない生理がはじまります。

非ピルユーザー

ピルを服用していない非ピルユーザーは、ワンポイントでトリキュラーを使用します。

生理予定日の5~7日前から、トリキュラーを飲みはじめてください。そして、生理を遅らせたい期間まで、そのまま順番に服用を続けましょう。

ずらしたいイベントが終わった後、トリキュラーの服用を止めれば、1日から3日で生理がきます。

生理は延ばせても10日前後

このように、ピルユーザーと非ユーザーとでは、トリキュラーの服用方法に違いがあります。イベントなど楽しめるように、トリキュラーの正しい飲み方を確認しておくことが大切です。

また、トリキュラーをずーっと飲んでいれば、いつまでも生理を延ばせるということはありません。

ピルで遅らせることができる期間は、一般的に約10日間程度と言われています。ピルを飲み続けていても、10日目あたりになると、消退出血という出血が起こります。

旅行などのイベントと生理が重なってしまうと、体調が優れなかったり、トイレの場所が気になるなど、思いっきり楽しめません。生活の質を向上させるためにも、トリキュラーで対策してみてはいかがでしょう。

トリキュラーを生理日の移動向けに使うなら、シートを多めに保管しておくと便利です。値段が安い、通販のまとめ買いがおすすめ。

トリキュラーで生理を早める方法

普段からトリキュラーを使っているひとなら、生理を遅らせることだけでなく、早めることもできます。

トリキュラーで生理を早めたいときの飲み方は、いつもトリキュラーを使用しているひとなら簡単に行えます。

早めたい日数の分だけ、トリキュラーの服用を中止して、早めに休薬期間に入るようにします。数日後には生理がくるので、旅行前に生理を終わらせることができます。

もともとトリキュラーを飲んでいないひとは、生理がはじまってから5~7日以内にピルの服用を開始。早めたい日まで服用を続けます。早めたい日になったら、トリキュラーの服用を止めます。数日待てば生理がくるでしょう。

遅らせる方なら失敗が少ない

普段はピルの服用をしていない場合や、生理日を遅らせた場合は、旅行などの最中にも、ピルを飲み続ける必要があります。

生理を早めれば、旅行のときには生理が終了しています。イベントの最中にピルの服用をしなくて済むことは大きなメリットです。

また、普段からトリキュラーを服用していない人は、トリキュラーを早めに手元に準備しておく必要があります。失敗しないためには、10~14日間はトリキュラーを服用している期間を作ることです。

加えて、早めたいと思っている生理よりも、ひとつ前の生理のときから、トリキュラーの服用ははじまります。事前にクリニックや通販などでトリキュラーを入手して、手元にあるようにしておかなくてはいけません。

稀に、服用期間が短すぎることで、生理がこないことがあります。計画的に服用する日にちを計算しておくことが重要です。

このように、普段からトリキュラーを服用している人はもちろん、普段は服用をしていない人でも、生理日は変更できます。旅行などのイベントで煩わしい思いは必要ありません。トリキュラーを上手に活用していきましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧