• ホーム
  • ピルを通販サイトで購入するのは危険?その理由とは

ピルを通販サイトで購入するのは危険?その理由とは

ピルの正式名は経口避妊薬。ピルには人工的に作られた女性ホルモンがはいっています。

近年では、ピルに含まれるホルモンの量がどんどん少なくなってきているため、副作用の心配も少なくなってきています。

ピルを購入するためには、婦人科クリニックやピルの専門外来などを受診する必要があります。しかし、毎回ドクターに処方してもらうとなると、ピル代も馬鹿になりません。通院を面倒に感じる人もいるかもしれません。

ピルを簡単に安く購入できる、個人輸入(通販)という方法があります。これは海外版のピルを購入する手段です。自宅にいながら、処方箋なしで、手軽に薬を入手することができます。

「個人」で「輸入」と聞くと、手続きなどを不安に感じるかもしれません。しかし、個人輸入を代行するサイトを利用すれば、一般の通販サイトと同じ購入手続きで済みます。

とはいえ、やはりこんな不安はありませんか?

  • 通販で買えるピルって偽物でしょ?
  • 海外発送だから遅いんでしょ?
  • 病院の値段と大差なんじゃ……

特に低用量ピルは毎日飲むものだからこそ、値段はできるだけ安くおさえたい!でもちゃんとしたお店から買いたい!

見るだけならタダ!まずは、いくつかの通販サイトで、一番人気の「トリキュラー」を見てみましょう。

なかには偽物を販売する業者もいる

個人輸入代行サイトで購入できるピルと、病院で処方されるピルは、必ずしも同じであるとは限りません。

値段が安い理由は、手元に届くまでに経由するルートが短いことや、関税が安いなどの理由が挙げられます。

値段が安いというのはとても魅力的です。しかし、個人輸入代行サイトによっては、販売されているピルが偽物、という可能性もゼロではありません。

ピルに限らず、医薬品の偽物については、厚生労働省のWEBサイトでも注意を促しています。中国製やタイ製などから、さまざまな健康被害が報告されています。

厚生労働省のHPでは、過去に問題のあった「医師の指示や処方せん等がない場合には個人輸入することができない医薬品等のリスト(PDF)」が公開されています。もちろん、当サイトで紹介するピルは、リストに掲載されたことはありません。安心してくださいね。

万が一、偽物を服用して何か起こったとしても、個人輸入では自己責任となってしまいます。

サイトの信頼性を見抜くポイント

個人輸入代行サイトでピルを購入するなら、候補のサイトが信頼できるかどうか、見極めましょう。

ポイントのひとつになるのが、「クレジットカード払いが可能」です。代金の支払いに、クレジットカードが使えるかどうか、ということが挙げられます。

クレジットカード?使えるのが普通じゃないの?って疑問に思いますよね。でもこれがポイントなんです。

クレジットカードが使えるということは、通販サイトの運営会社が、クレジットカード会社の審査を受けて合格したことの証明でもあります。会社として、第三者からのチェックに合格したことは、支払いをしても商品が届かないなどといった、運営面の不安が解消される、大きなポイントと言えるでしょう。

リスクを避けるならクリニックでの処方がおすすめ

安全第一にピルを処方してもらいたい、と考えているのであれば、当然ですが、産婦人科やレディースクリニックなどを利用すると良いでしょう。

ピルの商品ラインナップは、クリニックによってバラバラです。目当ての薬を取り扱っていないことも。自身で調べて気になるピルがあるなら、インターネットの情報などを参照しましょう。欲しいピルの取り扱いがあるかどうか、事前に確かめてから受診することをおすすめします。

クリニックの最大のメリットは安心

ピルの飲み方、もしもの場合の副作用の対処、専門家の助けが欲しい、というのなら、やはり婦人科やレディースクリニックで処方してもらうのがおすすめです。

処方前に診断を受けることができますし、正しい服用方法や副作用のリスクなどについても、説明を受けることができます。

そのほかの診断が必要なく、ピルだけを処方してもらいたいというのであれば、ピル専門外来を開設しているクリニックもあります。

こうした病院であれば知識や経験もより豊富であるため、安心してピルを購入することができます。

ピルには女性ホルモンがふくまれているので、服用することで身体のなかのホルモンバランスが変化することになります。

1回服用するだけで避妊ができるタイプのピルであればそれほど問題はありませんが、継続して服用していくタイプの場合には、定期的にホルモン検査なども受けられれば安心です。

レディースクリニックの多くではホルモン検査も取り扱っているので、副作用や体調面での変化などを気にすることなくピルを使用することができます。

クリニックを受診した場合には、通販でピルを購入する際よりも一度に多く薬が購入できることがあります。

それは、個人輸入で医薬品を購入する場合には、原則として1ヶ月分くらいの量までしか薬を購入することができない、という厚生労働省の指針があるためです。

しかし、病院であれば最大で3ヶ月分くらいの量まで処方してもらうことが可能ですので、多く購入できる場合があるのです。

個人輸入による薬の使用はすべてが自己責任となってしまうため、クレジットカードなどが使用できるからと言って、誰でも安易に利用してしまうのはおすすめできません。せっかく購入したピルでも、使い方を間違ってしまっては意味がありません。

ドクターのもとで体調面の管理もしてもらいながら、ピルを使用すれば不安も少ないでしょう。

すでに使用した経験のあるピルなら購入も検討

過去にクリニックなどで処方されて使用したことのあるピルなら、通販で買っておいていざというときに備えておくと便利です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧