• ホーム
  • マーベロンの効果と通販について

マーベロンの効果と通販について

マーベロンの効果は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの作用により排卵を起こらなくさせるというものです。
避妊だけではなく、生理痛や月経前症候群や更年期障害や生理不順の改善効果が期待できます。
マーベロンは、デソゲストレルとエチニルエストラジオールを含む低用量ピルとして多くの人に支持されている人気商品です。
用法用量についてですが、1日1錠を毎日一定の時間に21日間連続で経口投与し、その後7日間休薬するという方法を繰り返していきます。
飲み忘れてしまうとまた最初からやり直しになってしまいますので、毎日決まった時間に服用するということを徹底しましょう。

副作用は少ない低用量ピルですが、服用により起こり得る症状として、乳房の痛みやしこり、腹痛や下痢や吐き気、不正出血、めまいやニキビや多毛や体重増加などがあります。
服用し始めは、これらの症状があらわれやすいという特徴があります。
症状が強く出てしまう場合や異変を感じた場合は我慢せずにマーベロンの服用を中止し、病院を受診して医師に相談しましょう。

マーベロンは病院で処方してもらう低用量ピルですが、通販でも購入することが可能です。
マーベロンは海外の製品なので、個人輸入で購入するのがおすすめです。
個人輸入というと、手続きが難しそうでなんとなく抵抗感がある、膨大な費用がかかりそう、無事に商品が届くかどうかが不安などのネガティブなイメージを抱かれがちです。
個人輸入の代行のサービスを行っている通販サイトを利用すれば問題ありません。
誰でも普通の通販サイトで買い物を楽しむような感覚で個人輸入をすることが出来ます。

マーベロンを始めて服用するという場合は、初回は病院から処方してもらうのがよいでしょう。
最初は医師の診察を受けて処方してもらい、自分の体に合っているかどうかを確かめてみましょう。
問題が無ければ、次回からは安くてお得で便利で手軽な個人輸入代行サービスを行っている通販サイトでマーベロンを購入するのがおすすめです。

マーベロンの入手方法(病院・通販)

デソゲストレルとエチニルエストラジオールの合剤の一つであるマーベロンは、日本では低用量ピルとして厚生労働大臣から製造販売が承認されており、2005年4月から薬剤師がいる薬局で手に入れることができます。
ただし、処方せん医薬品に指定されているため、入手するためには病院で医師に処方せんを作成してもらう必要があります。
婦人科が設置されていて、マーベロンを取り扱っている病院で医師の診察を受け、欲しい旨を伝えれば処方せんをつくってもらえるでしょう。

一方で、マーベロンは多くの医薬品の通販サイトで取り扱っています。
通販サイトのマーベロンは主に欧米で製造されているものですが、服用方法や効果は何ら変わらないため、診察料や調剤料などといった薬代以外の費用を節約したい人がよくこの方法を利用しています。

また、自分でマーベロンの購入量を決めたい場合にも通販サイトは便利です。
病院では診察時に伝えればある程度配慮してくれる場合があるものの、基本的には医師が適切と判断する量が処方されるため、購入する数量を調節しにくいです。
医薬品の通販サイトであれば、サイトの運営者が定めた範囲内で好きなだけ購入することができます。
たくさん注文して自宅に常備しておけば、重い生理症状が発現したときに備えることもできます。
マーベロンを保存しておける期間は未開封の状態で3年程度なので買いすぎないように気をつけましょう。

なお、マーベロンの服用開始後に副作用が生じたとき、病院処方で入手した場合は医薬品副作用被害救済制度の適用のもとで医師に対処してもらうことができます。
通販サイトで注文をして入手した場合は症状を改善させるのにかかる費用を自己負担しなければならないので注意が必要です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧